必要な時だけもらって使う

最近はお店で紙袋ではない袋に品物を入れられることが多くなりました。
紙の袋は断って、おしゃれなエコバックを使う人も増えているようです。
でも紙袋が欲しい時もあります。
百貨店やブランド物の紙袋です。
いろいろ買いまわりしていると必要以上に紙袋が増えてしまう場合がありますが、まだ入る余裕があるなら断るようにしています。
お店の人から大きな袋にまとめましょうかと提案されることもありますね。
長時間持ち歩く時はお願いして、すぐ車に積んでしまう場合は断っています。
百貨店の紙袋は中身がいいものに思えるからでしょうか。
誰かの家を訪ねるときに、お中元やお歳暮の習慣以外でも使います。
紙が薄くので何度も繰り返し使うことはありません。
ブランド物の紙袋は厚手のものが多くしっかりしていて収納用に長く使えます。
また何かを運びたいときに見苦しく見えないのもいいと思います。
買取に出したいときに、同じブランドの袋があるほうがいいこともあります。


活用してみよう

デパートで買い物をしたら紙袋に商品を入れてくれますよね。
洋服を買った時にも紙袋のショップもあります。
お店によって紙袋の種類も違いますので、集めてみると結構楽しかったりします。
しかし、捨てずに溜めたままだと場所も取りますし、段々邪魔にもなってきます。
そこで紙袋を生活の中で活用することをお勧めします。
活用の仕方はどんなものでも構いません。
自分の生活スタイルによって、利用してみると新しい発見などができたりするのです。
例えば、紙袋の中に適当な高さで側面と底に段ボール等で補強をして、残りの部分をうまく中に折り込んで貼ったりして、ちょっとした小物入れにしたり、割と柔らかい紙であれば、中に箱などを入れて更に鉢を入れて、袋の口部分を何かで結んだり留めたりしておしゃれな鉢カバーにしてしまったり。
カラーボックスに収まる幅なら、書類を整理するのに利用してもいいですね。
活用の仕方は思いがけない所から気づいたりするものです。
自分なりの素敵な利用方法を考えてみてください。