宣伝効果

買物をすると、紙袋をくれます。
私は昔からデパートの紙袋がすきで、デパートの紙袋を持っている人をみると、「あ、あの人はXXデパートいってきたのね」と思ってみていました。
たかが紙袋、と思いがちですが、この紙袋の宣伝効果というのは、かなりの物だと思います。
ビジュアルなので視覚に物を訴える力は凄いと思います。
例えば、同じデパートの袋を持った人を5人位みかけると、「あのデパートで何か安売りしてるのかな?」なんて思ったり、「あの人もこの人もあのデパートの紙袋もってる」と思ったり、何等かにつけ、その紙袋のお店について、考えるので、記憶に残るのです。
私の同僚などは、某宝石店の綺麗な色の紙袋が好きで、紙袋が欲しいがために、何度かお店で小さい物を買って、紙袋を持貰った事があるそうです。
その紙袋を持つと、「私はいつもこのお店でお買物しているのよ」と、というちょっとしたステータスになっているようです。
紙袋、アナログ的だけれど、結構宣伝効果あります!


すてきなショップの

ショップでお買い物をすると、買ったものをお店オリジナルの手提げ袋に入れてくれるじゃないですか。
ビニール袋や不織布の袋、紙袋などいろいろありますが、私は大きくて持ち運びやすい紙袋が大好きです。
ショップオリジナルの手提げ袋ってお店のセンスが全面に出ていますので、デザインが秀逸ですよね。
持っているだけでうれしくなれるようなものばかりです。
なんとなく誇らしくもなれたり。
そのお店でお買い物したんだぞ、と。
あまりにも気に入ってしまって、思わずストックしてしまっているのも結構あります。
つくりが丁寧ですし、結構頑丈で、そして何より軽いので、とりあえずちょうどいいサイズのバッグが欲しいときに重宝します。
見かけるたびにそのショップを利用したときの思い出や、買った品物のことも思い出しますので、いい記念品にもなりますよね~。
そうやって気に入ってストックしている紙袋が押入れにたくさん眠っていたり。
あまり溜め込み過ぎないように、適度に使って循環させていっているんですがなかなか。
どれもお気に入りなのでなかなか使えないんですよ。
あ、そうか。
またお買い物をしてもらってくればいいんだ。